婚活パーティーはどんな人が来てるの?|イケてない男ばかりじゃない!

☆夏直前!女磨き特集☆



☆☆自信を持って婚活するためにも、全身お手入れしちゃいましょう♪(≧∇≦)ヾ(⌒(ノシ >ω<)ノシ☆☆

永久メンテナンス保証もあるから安心して通えます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

⇒お得な特典キャンペーン情報を確認する



mirainormal150こんにちは!ミライです^^

「婚活パーティーってどんな人が来てるのかな・・」
婚活パーティー初心者の方が必ず考える不安ですよね。

昔は”婚活に行ってる人なんてみんな売れ残りだ”
なんていうひどい風評があったものですが
今はもうそんな事は全然なく、OL仲間と気軽に参加できるようになりました。

ミライも何度も婚活パーティーや恋コンに参加しているのですが
確かに変な人とか、失礼ですがブサメンももちろんいますが
中には普通に「なんで彼女いないんだろう?」という男性もいます。

結論としては、婚活パーティーも社会の縮図のようなもので
イケてる男性は2割、普通な感じの男性が6割、ヒドい人は2割
という2:6:2の法則が成り立っている感じですね^^

で、大抵は上位2割の人がやっぱり人気になってしまうので
うまくいかない人は連敗続きになり、選ばれる人は毎回選ばれるという流れ。。

ただ、皆さんのように20代の女性なら
よっぽど自分を磨いていないのでない限りは
ある程度はカップリングもできますし、連絡先の交換もできますよ^^

とりあえずミライからのアドバイスとしては
皆さんの思い描いてる男性と出会いたいなら1回じゃ全然無理だから
「会えるまで参加するぞっ!」位の気合いを持つべし!笑

■男性の年収や職業、年齢はどんな感じなの?

どんな人が集まっているかは婚活パーティーの
会社によっても、開催されている種類によっても変わってきます。

公務員限定のものもあるし、年収700万以上のものもあります。
歳の差5歳、という年齢的な制限があるテーマのものもあれば
誠実男子、ノンスモーカー、初婚、といった細かい括りのものも。

東京で頻繁に開催されているのはエクシオとparty☆partyですが
色んな細かなこだわり条件で選びやすいのはparty☆partyですね。

この前ミライも「恋人がいそうと言われる人限定」という
自己申告でしょこれ!的なパーティーに行ってきましたが
こういった飽きない企画が多いのは好印象でした^^

ただ、1つ注意してもらいたいのは
婚活パーティーってどの会社でも本人確認しかしません。
※中には本人確認すらしない会社もあります(汗)

たぶん、条件とかっていくらでもごまかせるんですよね(特に年収!)
だから、例えばparty☆partyやクラブチャティオのように
大元の会社が上場していても100%安心とは言い切れないんです。

皆さんもパーティーで素敵なご縁があり
その人とお付き合いする事になったら、タイミングを見計らって
しっかり相手の身元を証明してもらうと良いと思います。

年収700万以上のパーティーで出会った男性が
実は退職してて求職中だった、とかちょくちょくあるようなので^^;汗

■恋活・恋コンイベントの方が男の社交性は高い!?

これはあくまでもミライの主観的な意見ですが
個室型のパーティーなどよりも恋活・恋コン系イベントの方が
社交的(トークがある程度できる)な男性が多い印象がありますね〜。

だって恋コン系って主体的に会話を盛り上げないといけないですし
合コンスタイルとかは進行も完全にお客さんに丸投げされるので
トーク下手な男性はそもそもあんまり参加しないと思います。

会社によってはお散歩とか大運動会とかBBQとか
外のイベントもあるんですけど、そっちはほんとに楽しいです(笑)
途中から婚活パーティーっていう目的を忘れちゃうですけど^^;

最初は気軽に参加したいと思ってる方は
恋活イベントもかなり楽しめると思いますよ!

 

☆夏本番に向けた女磨き特集☆



☆☆自信を持って婚活するためにも、全身お手入れしちゃいましょう♪(≧∇≦)ヾ(⌒(ノシ >ω<)ノシ☆☆

永久メンテナンス保証もあるから安心して通えます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

⇒お得な特典キャンペーン情報を確認する

婚活パーティー初心者はここから!おすすめの大手2社

婚活パーティーならparty★party エクシオ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スマホを活用した婚活パーティー|手間もかからず連絡先も送り放題!

こんにちは!ミライです^^ 皆さんはスマホを活用した婚活パーティー、ご存知ですか?? 実は、PARTY☆PARTYで2013年1…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る