恋愛感情がわからない20代女性へ|付き合うと理解できるって本当?

mirainormal150こんにちは!ミライです^^

「恋愛感情がわからないから、告白されても断っちゃった。。」
これは私の友達の話ですが、皆さんもこんな経験ありませんか?

私はこれを聞いて”もったいないっ!”って思っちゃいましたが
当の本人は真剣に悩んでるので、何も言いませんけどね^^
う〜ん、でも、やっぱりもったいないよね〜(><)笑

いっそ付き合っちゃえばいいのに、って思っちゃうんですけど・・。
ただ、付き合うと女の子は色々とリスクもあるわけで
私も無責任に「とりあえず付き合えば?」とは言えないのですが(苦笑)

カレン:あの〜、ミライちゃん。ちょっといいかな?

ミライ:カレン君。自分から割り込んでくるなんて珍しいね!
いつもは呼ばれないと来ないのに・・。

カレン:僕は飼いならされたペットかっての^^;苦笑
いやね、実は僕の体験談、ちょっと参考になるかな、と思ってさ!
以前、「恋愛感情がわからない」って子と付き合った事あるから。

ミライ:えー!?よく付き合えたね!ちょっと聞かせてよ!
じゃあ、今回はカレン君のエピソードから、皆で学んでみましょう♩
それではお願いしまーす☆☆

■恋愛感情がわからない子が付き合ってみたエピソード

カレン:ちょっと恥ずかしいけど、まあ過去の話なので^^;

学生時代、仲の良かった後輩の子と2人で遊ぶようになりました。
その子は高校時代に彼氏がいたことがあるんだけど
別に大して深い関係にならなかったどころか、束縛が激しい人だったらしい。

その時も、めちゃくちゃ好きというよりは
何となく付き合ってた感じだったらしいんだよね。

それで、2人で遊んでたら、当然良い雰囲気になったりするわけです。
僕も男ですから、チャンスは攻めます!笑
付き合う前から手を繋いだり、抱きしめたりしてました^^
まあ、ちょっと冗談半分っぽい感じではあったんだけど。

ミライ:うわ〜。。カレン君って女ったらしだったんだね。。

カレン:まあ若気の至りってことで!(笑)
それで、まあ手を繋いだりハグしたりはしてたけど
思い切って告白してみたんだよね^^

そしたら、女の子も全然拒否とかしてなかったのに
「恋愛感情がわからないんだよね」「好きって気持ちがわからないから」
と、付き合う事に対しては消極的だった。

でも、当時の僕は何か絶対的に自信があったから
「付き合ったら好きになるから大丈夫!」「ダメだったら別れていいから」
とゴリ押しして、その子と付き合う事になったのでした♩

ミライ:その押し、すごくイイよ!
カレン君って草食っぽかったけど、ロールキャベツ男子だったんだね!

カレン:いや〜やっぱり男は攻めてなんぼでしょ(* ̄ー ̄)ニヤリ

それで、付き合っていく中で、最初は
「恋愛感情がわからないから」って言ってた彼女が
結局は普通に僕の事好きになってくれたし、いちゃいちゃもするようになった。

僕もめちゃくちゃ優しくしてあげてたし、大切にしてた。
たくさん励ましたりもしたしね^^

最終的には色々あってこちらからお断りしちゃったんだけど
別れる時は彼女の方から「好きだから別れたくない」って言ってもらえた。
長くなったけど、とりあえずここまでで(笑)

ミライ:そうなんだ〜!何か良いエピソードだね☆
それはカレン君だったから、というのもあるかもしれないけど
実際に付き合ってみてから徐々に惹かれてく、ってこともあるよね。

「恋愛にもスポーツと同じように”感覚”があって
長く恋愛から遠ざかってたりすると恋愛感情も鈍くなる」

私もそんな話を聞いた事があるけど
付き合ってみないとわからない事は絶対にあるもんね。

一概に誰とでも、ってわけじゃないけど
一緒にいて楽しい、落ち着く、という感覚があるなら
思い切って飛び込んでみてもいいのかもしれないね^^

⇒まずは出会いを求めることから始めましょう☆

 

【編集後記】

ミライ:今回のエピソードって読者さんどう感じたんだろうね〜?
本当は私に参考になりそうな体験談があれば良かったんだけど・・。
とりあえず、カレン君はロールキャベツだったってバレちゃったね☆

カレン:僕は自分で肉食系男子だと思ってますけど何か?笑
てか、ロールキャベツと肉食系の違いってなんなの??

ミライ:今度機会があったら説明するよ!めんどくさいから(爆)

カレン:・・・。
要するに男が積極的な方が良いのは間違いないんでしょ?
微笑みながらガツガツアプローチしてみよ〜っと^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です